看護職員業務負担軽減計画

目的
  • 看護職員にとって働きやすい職場環境を実現する
  • 看護職員が健康に職務を遂行できる環境整備を実現する
看護職員の状況(平成31年3月1日現在)
  • 看護師31名/准看護師24名
  • 平均夜勤回数 6回/月
  • 離職率 11.9%(平成29年度)
負担軽減計画
負担軽減項目取組項目具体的な取り組み平成30年度の目標備考
業務の量的緩和看護基準の安定確保
看護師・准看護師の採用拡充
ホームページでのPR
採用情報の掲載
当院の働きやすさをPR
院内保育所のPR
採用目標人数10名
夜勤回数の軽減
平成29年度採用5名
平成29年度退職7名
平成30年度採用3名(未7名)
平成30年度退職6人
(平成31年2月末現在)
看護補助者の採用拡充採用目標人数10名平成29年度採用10名
平成29年度退職17名
平成30年度採用3名(未7名)
平成30年度退職10人
(平成31年2月末現在)
病棟クラークの配置病棟クラーク業務の拡充
看護師の業務の軽減
PC・イントラネットの活用
業務の質的緩和業務のIT化各病棟にPCを設置
病棟-事務間のネットワーク構築
病棟関係書類の電子化
ADL入力支援システム導入
オフィスソフト導入

平成30年9月導入済
平成30年10月導入済
業務環境の改善院内保育所の充実0才からの幼児・学童を対象
24時間保育の実施
保育士の研修強化
夜間保育の充実